2010年05月20日

郵政法案審議入り 5野党反発し退席 衆院本会議(産経新聞)

 小泉政権の民営化路線を見直す郵政改革法案は18日夜、衆院本会議で趣旨説明が行われ、審議入りした。自民、公明、共産、みんな、たちあがれ日本の5野党は「審議入りを急ぐ必要はない」と反発、趣旨説明前に退席した。

 これに先立ち、地球温暖化対策基本法案の衆院環境委員会採決の強行をめぐって提出された樽床伸二委員長(民主党)の解任決議案が与党の反対多数で否決。同基本法案は可決、参院へ送付された。与野党は同日、与党提出の国会改革関連法案の扱いで対立、本会議開会が夜にずれ込んだ。

<B型肝炎訴訟>国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)
<婚姻届>元妻の16歳連れ子と…57歳男が勝手に提出(毎日新聞)
<普天間移設>「沖縄の負担全国で」…首相、理想タテに続投(毎日新聞)
「重し」青木氏引退、自民世代交代の契機にも(読売新聞)
自動車火災 軍手、鳥の巣 意外な火元(産経新聞)
posted by スミヨシ サダイチ at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。